ありえへん∞世界 3/14 安い養殖ブリをこんにゃくで一流料亭のブリ大根に

スポンサーリンク

3月14日の「ありえへん∞世界」で、『100g220円の養殖ブリで作る安いブリ大根でも、まるで一流料亭で食べる高級天然ブリで作ったブリ大根の味になる』という方法が紹介。

それはこんにゃくといっしょに煮込むという方法。

こんにゃくをブリ大根の上に隙間なく敷き詰める

安い養殖ブリをつかったブリ大根の作り方は

(1)みりんや醤油などで味付けした昆布出汁の中に、皮を剥いた大根を入れる

(2)中火にかけ、あらかじめお湯にくぐらせ、臭みをとっておいたブリを一切れずつ入れていく

(3)こんにゃくを隙間なく鍋に敷き詰める

(4)ふたをして20分煮込む

なぜ、こんにゃくを入れるとおいしくなるのか?

一流料亭の吉祥銀座本店総料理長・中村慎亨さんによると、こんにゃくをつかうことで身が締まって、天然のブリのような歯ごたえになる。

こんにゃくに含まれるカルシウム成分が、柔らかすぎる養殖ブリの身に適度な弾力を与え、さらに養殖ブリ独特の臭みを消し、魚本来のうま味を中に閉じ込めるという。

こんにゃくも味が染みておいしそうな・・・。

 

【ふるさと納税】鰤王(まるごと1本内臓処理済み)
価格: 20,000円 レビュー評価:4.88 レビュー数:33 (2017.3.14時点)
町では、ふるさとの納税制度に基づいて寄附金を募集したところ、平成26年度は本町出身者や全国のかたがたから延べ2,426人から16,035,015円の寄附金をいただきました。  これまで皆さんにいただいた寄附金は「夢追い獅子島架橋基金」などに積み立てられたほか、ぐるっと一周フラワーロードづくりなどの景観作りに係る事業や、「夢追い長島花フェスタ」などのイベント事業などに使わせていただきました。  町では引き続き、「ふるさと納税制度」による寄附金を募っています。  長島で生まれ育った皆さん、長島町に縁のある皆さん、長島町を応援したい皆さん、この制度を活用し、まちづくりの協力をお願いします。
Supported by 楽天ウェブサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました