今でしょ!講座 2/7 だし巻き卵は強火で一気に、チャーハンは弱火でコツコツ

スポンサーリンク

2月7日の「林修の今でしょ!講座」で、林先生やゲストの名取裕子さん・井戸田潤さんと、だし巻き卵とチャーハンに挑戦した。

教えてくれたのは、最初にポイントを説明してくれるののでわかりやすいと評判の中村奈津子先生。

今でしょ!講座 2/7 アレルギー最新検定2017

だし巻き卵の準備

(1)卵3つを割ったらほぐさずに、だし汁60ml、塩2つまみ、薄口しょうゆ5mlと片栗粉小さじ1/2を入れる

卵を混ぜすぎると水っぽくなり、味も水っぽくなるそう。

強めの火加減で一気に焼く

強火で焦げないように一気に仕上げたほうがフワフワになる。

(2)強火で熱したフライパンに、卵液の半分以上を流し込む

(3)まぜて全体を半熟状態にしたら、巻かずにヘラで寄せる

巻くことよりも火の通しすぎに注意。

(4)残りの卵液の3分の2を入れる

(5)(3)で寄せた半熟卵の下に入れ込んで、(4)で入れた卵が湿っているうちに巻いていく

(6)残りの卵液を入れて(5)の卵の下に入れ込んで、早め早めに巻いていく

(7)焼きあがったら、巻きすで軽く巻いて2分ほど余熱を通すと完成

チャーハンは弱火でコツコツ

火力の弱い家庭で、フライパンをあおってはダメ。

(1)豚肉、ネギ、干ししいたけを炒め、塩、コショウ、醤油、酒で下味をつける。

(2)火を弱めて、かために炊いたご飯を入れ、5分じっくり切るように炒める

フライパンは一切振らない。火力が弱くても、しっかり時間をかけて油となじませれば家庭でもパラパラにできる。

(3)ほぐれてきたら、軽く炒めておいた卵を入れ、再び調味料(塩・コショウ・醤油・酒)を入れ、最後に強火にして香ばしさをつけて完成。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました