得損 鍋-1 グランプリ 菊池隆料理人の雪解けふわふわ鍋とサッパリみかんそば

スポンサーリンク

2月2日の「あのニュースで得する人損する人」は、得損 鍋-1グランプリ。

市販の鍋つゆとスーパーの食材を使って、アレンジ鍋とシメとで味と調理の手軽さを競った。

そのうち、ミシュラン2つ星「き久ち」を自ら経営する和食料理人、菊池隆さんの料理をチェック。

春を先取り!雪解けふわふわ鍋4人前

(1)寄せ鍋のつゆを土鍋に移し、火にかける

(2)塩ダラ8切れを入れる

生のタラと違って塩をしてあるので、生臭みが少なく、プリッとした食感になる。

(3)白菜350gを長めに切る

(4)ネギ1.5本も、細長く切る

(5)鍋に、細く切った野菜とシメジ1パックを入れて煮る(白菜の葉の部分はあとで入れる)

(6)カブ5個をすり下ろす

大根よりもカブのほうが、ふわっとした食感になるのと、甘みが大根よりある。

(7)カブの汁もうま味があるので切らずに、鍋全体に入れていく

(8)白菜の葉を入れる

野菜を長く切ったのは、それによりカブが絡みやすくなるから。

(9)最後に、春の食材たけのこ200gと菜の花1/4束を乗せて完成

サッパリみかんそば4人前

シメにはそばを使う。

(10)残った汁に、塩昆布10gを加える

(11)水を加えてかさ増しする

(12)沸騰したら、そばを2玉投入

(13)最後に刻んだネギを適量加え、小分けしたら、みかんを絞る

みかんの酸味と甘みが、カブの味わいと絶妙にマッチするという。

鍋に入れるタラは、個人的には絶対塩ダラだが、地域によっては生ダラしかなく「うちは生しか売らねえ」という感じの店が多かったが、わざわざ塩を振って売ってくれた店もあった。

2人分でもカブを2個半擦らないとならないところ以外は、簡単そうでもあるし、ちょっと試してみたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました