あのニュースで得する人損する人 12/8 得弁ライダーのポリ袋スペアリブ、解凍モードでサツマイモ

スポンサーリンク

12月8日の「あのニュースで得する人損する人」で、得弁ライダーがポリ袋料理を教えてくれた。

 

ポリ袋はお湯で加熱するので、耐熱表記で100℃以上あるものか、高密度ポリエチレンの耐熱性のあるポリ袋を用意する。

 

スーパーなどの無料のポリプ黒は耐熱性がわからないので、必ず勝ったもので調理する。

スペアリブの作り方

(1)ポリ袋に豚のスペアリブ2本と、肉を柔らかくするためにまいたけを入れる

まいたけにはタンパク質分解酵素が入っているので、お肉が柔らかく仕上がる。しかも、マイタケは味が薄く素材の味を邪魔しない。

(2)醤油大さじ1、ハチミツ大さじ1、オイスターソース大さじ2を加える

f:id:ipo_beginner:20161208200730p:plain

(3)袋が破けないように注意しながら肉と調味料をよくなじませたら、なるべく空気を抜いてポリ袋の口を縛る

f:id:ipo_beginner:20161208200906p:plain

(4)あとは、ぐつぐつではなく、小さな気泡が立つくらいのお湯に入れて15分ほったらかしにするだけ

 

ポリ袋り調理のメリット

ポリ袋だけで調理しているので、洗いものがほとんど出ない。

 

 

100℃以下のお湯でじっくり加熱することで、肉はしっとりやわかなく仕上がりになる。

 

空気をぬくことで、熱が肉に直に伝わりムラなく仕上がる。

 

密封しているので、栄養分や旨味も逃がさない。

 

オムレツやパスタも、しかも同時調理可能

ポリ袋に卵とミックスベジタブルをいれると、卵1個に対し5分の加熱でオムレツができる。

 

乾麺とソースを入れると、ソースを多めにして2分多く加熱するとパスタもできる。

 

しかも、1つ鍋で複数の料理がいっぺんにできる。

 

f:id:ipo_beginner:20161208202230p:plain

 

安いサツマイモをレンジでおいしく

このあと、安いサツマイモをレンジでおいしく焼く得ワザが紹介。

(1)バター5gと醤油小さじ2を器にいれ、電子レンジで30秒加熱して混ぜる

(2)サツマイモをクッキングシートでぴったり覆い、片方の端をキャンディのようい閉じる

(3)(1)のバターしょうゆを流し込み、キャンディ包みで閉じる

(4)皿にのせラップをして、500Wで2分加熱する

(5)そのまま、解凍モードで20分加熱する

サツマイモの甘さの元である麦芽糖が最も作られるのは、中心温度が約65~75℃のとき。

解凍モードでじっくり加熱することで、この温度をより長く保つことができるのだという。

 

料理だけでもいろいろやってみたいことがたまっているが、こんど買い物にいったら、耐熱性ポリ袋とさつまいもを買ってこよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました