ヒルナンデス!12/29 簗田流手羽元の紹興酒漬け

スポンサーリンク

12月29日の日本テレビ系「ヒルナンデス!」で、中華の簗田シェフが手羽元の紹興酒漬けの作り方を教えてくれた。

番組内で実際に作ってみたのは、中間淳太さんと友近さん。

包丁もまな板も不要

中華のお店でお馴染の紹興酒は、やわらかい酸味が特徴で料理にもよく使われる。

材料は、手羽元10本、紹興酒300ml、砂糖150g、しょうゆ150ml、塩10g、大葉5枚。包丁もまな板も使わない。

(1)手羽元を沸いたお湯に入れたら、完全に沸騰するまで待つ

手羽元にも、お湯にも味付け不要。下味も何もつけずに入れる。

(2)沸騰してきたら、フタをして火を止めて15分ほどおく

煮込みすぎるとパサパサになるので、余熱でしっとり仕上げる。

大葉を揉んでタレに入れる

待っている間に紹興酒のタレをつくる。

(3)ボウルに砂糖150g、しょうゆ150ml、塩10g、紹興酒300mlを加えて、砂糖が溶けるまでかき混ぜる

(4)大葉をくしゃくしゃと手で揉んで香りを立たせてから加える

(5)(2)の鶏肉を氷水につける

このことによって、鶏肉のうま味を閉じ込め、食感をぷるぷるにするという。

(6)(4)の紹興酒のタレに15分つけると完成

 

【関連記事】
おしるこは塩ひとつまみで甘さを引き立てる
茂出木シェフのフライパン時短ローストビーフ

 

越王台 紹興花彫酒 [金ラベル] 16度 600ml 紹興酒 「値下げしました!」
価格: 379円 レビュー評価:4.7 レビュー数:10 (2016.12.29時点)
鮮やかな金ラベルが気品を感じさせます。マイルドで飽きのこない飲みやすさが魅力!越王台とは、紹興市内にある越王・勾践(えつおう・こうせん。孫子・兵法の時代ですね。)が築いた都跡のこと。 鑑湖の水を原料に使用し、3年以内熟成です。 原産国 中国 容量 600ml 原材料名 水,もち米,小麦 アルコール分 16度 保存方法 常温保管
Supported by 楽天ウェブサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました