あさイチ イチおしスーパーフード キヌア

スポンサーリンク

6月7日のNHK「あさイチ」の特集は、イチおしスーパーフード・キヌア。

南米アンデス地方では「母なる穀物」とよばれ、スープやあたたかいリンゴジュースなど、さまざま料理に使われている。

白米と比べると、カルシウムや食物繊維はおよそ6倍、鉄分はおよそ9倍のキアヌ。

白キヌアは、やわらかい食感でスープに向いていて、短時間でゆで上がる。

赤キヌアは、味が濃くてややねばりがあるので、ジュースやデザートに向いている。

黒キヌアは、水分が少なくしっかりした食感なので、揚げ物の衣などにおすすめ。

キヌアの下ごしらえ

ペルー大使夫人直伝の、キアヌの下ごしらえは

(1)3回ほど水をかえて洗う。

洗うことで、外側についているサポニンという苦み成分が取れる。

(2)キヌアの1.5倍の水と塩少々を入れ火にかけ、沸騰してから弱火で15分ほど茹でる。

透明感が出て、白い輪のようなものが見えればOK。

冷蔵庫で3~4日保存可能なので、まとめて下ごしらえできる。

ペルー大使夫人のキヌア入りサラダ

キヌアに、とうもろこし、トマト、豆やキュウリなどの野菜をたっぷりまぜる。

サチャインチオイル大さじ2、パッションフルーツジュース大さじ2、はちみつ大さじ1、塩適量の酸味の利いたドレッシングをかける。

キヌア・ミルクのつくりかた

(1)キヌアを水洗い

(2)3倍の水で沸騰してから15 ~ 20分煮る

(3)ザルに上げ、キヌア1:水4 の比率でミキサーにかける

(4)布でこし、砂糖・塩を入れ再びミキサーにかける

冷蔵庫で3日間保存できる

チョイ足しのすすめ

料理研究家の村岡奈弥さんが、いつもの食事にチョイ足ししたレシピを紹介。

・キヌアごはん・・・1合につき、乾燥キヌア大さじ2

キヌアとお米は別々に洗ったり、といだりする。

・キヌアみそ汁・・・1人分につき、ゆでたキヌア大さじ3

・キヌア納豆・・・1パックにつき、ゆでたキヌア大さじ2~3

キヌアは、味を吸う

キヌアのよさは、味を吸うので、時短になり、減塩になる。

きゅうりのたたきの合わせ酢にキヌアを混ぜたり、キヌアのめんたいドレッシングは、ポテサラや、冷製パスタなどにも味が絡みやすくなる。

食べるときのポイントは、胚芽の部分に栄養があるので、その部分を捨てずに食べること。

豆力特選 ペルー産キヌア 1Kg

新品価格
¥1,980から
(2016/6/7 11:26時点)

キアヌ入りハンバーグ

(1)合いびき肉150gに塩小さじ4分の1を加え、しっかりこねる

(2)炒めて冷ましたたまねぎ4分の1個としいたけ3枚を加えてこねる

(3)ゆでたキヌア40gを入れてこねる

(4)パン粉大さじ1と牛乳小さじ2をいれてこねる

(5)とき卵3分の1個分を加えてこねる

(6)ナツメグを擦って少々いれ、こねる

(7)手にオリーブ油を塗ってハンバーグの形を整え焼く

ハンバーグをこねていた大竹まことさんの感覚だとゆるい。

トマトソースは、8等分に切ったプチトマト16個に、ゆでたキヌア大さじ4、ポン酢しょうゆ大さじ2、エクストラバージンオリーブオイル大さじ2分の1を入れ混ぜ、青じそ4枚をちぎりながら混ぜる。

ソースというより、ドレッシングという感じ。ソースは別のものにして、ハンバーグだけでも試せそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました