噂の!東京マガジン 12/18 ヘルシー酢豚

スポンサーリンク

12月18日の「噂の! 東京マガジン」の、やってTRY! のコーナーで酢豚が登場。

 

横浜中華街「四五六菜館」のオーナーシェフ孫関義さんが、油をギリギリまで減らしたヘルシーな酢豚の作り方を教えてくれた。

 

肉は包丁でたたいて火を通りやすく

ヘルシー酢豚1人前の作り方は

(1)豚バラ肉120gを切ったら、包丁でたたいて火を通りやすくする

f:id:ipo_beginner:20161218133724p:plain

(2)塩をちょっと入れて、全卵を入れて、コショウと醤油を軽く入れて揉み下味をつける

f:id:ipo_beginner:20161218133917p:plain

(3)片栗粉にまぶして揚げる

 

タレの作り方

肉を揚げている間にタレをつくる。

(4)ボウルにお酢50cc、砂糖50g、水30cc、しょうゆ少々、黒酢20㏄を入れて混ぜる

f:id:ipo_beginner:20161218134258p:plain

具材を揚げたら水をかけて湯通し

(5)肉を揚げている中華鍋にきゅうり20g、たまねぎ90gを加えたら、すぐジャーレンにあげて油を切る

(6)油を切った具材に、水をかけて余分な油を落とす

f:id:ipo_beginner:20161218135334p:plain

お湯をかけてしまうと、シャキシャキした野菜がショボっとなってしまう。

(7)具材を炒めていて火の消えた中華鍋に、しょうがのみじん切りを入れ、(4)のタレ、ケチャップ大さじ1を入れて火を点けて混ぜる

(8)沸いたらレモンスライス2枚を入れ、水溶き片栗粉を少しずつ入れてとろみをつける

(9)豚肉と野菜をもどしたら、さらにキウイ1/4個、プチトマト、リンゴ40g、キクラゲ15gを加えて、さっと炒めて完成

 f:id:ipo_beginner:20161218140106p:plain

まとめ

酢豚

揚げて湯通し

ヘルシーに

 

こういうのを見ると、やっぱりジャーレンが欲しくなる。自分用のクリスマスプレゼントに買おうかな?

 

黒酢の酢豚といえば、あさイチで紹介されていたのも美味しかったが、やっぱりジャーレンがあるかないかで手間がちがうし、その分楽しさも減ってしまう。 

あさイチ 11/7 孫シェフの黒酢酢豚作り

 

鉄 穴明北京鍋 ジャーレン 24cm 
価格: 1,627円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2 (2016.12.18時点)
商品の仕様●カタログコード: 2-0244-1301、3-0274-1501、4-0337-1201メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。画像をクリックすると一覧表示します。ステンレス シャーレン鍋■鉄製ジャーレンと中華鍋鉄製ジャーレン(ステンレスシャーレン鍋)と中華鍋の深い関係はまず「中華の真髄」にあります。それは素早く調理をし、旨味を食材に閉じ込めることです。そのためにはやはり大事なのが「下準備」。これをしっかり行うか行わないかで味の違いが出る気がします。このジャーレン(ステンレスシャーレン鍋)を使った下準備として「湯通し」や「油通し」があります。
Supported by 楽天ウェブサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました