ケンミンショー 愛媛県の鯛めしの家での作り方

スポンサーリンク

6月16日の日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」は、緊急企画!瀬戸内海県民大集合SP!

 

愛媛県には、鯛めしが2種類あって、生のたまごごはんのような鯛めしと炊き込みご飯のような鯛めしがあるのだそうだ。

 

松本明子は、真似してみようとしたが、生臭さが取れずに失敗したそう。

 

他のゲストの言葉によると、小骨を取るのがむずかしいようだが、一度は挑戦してみたいので、作りかただけでもメモ。

 

お店で土鍋で炊く方法

これは真似できないけど、まずプロのかたがお店で土鍋で炊く方法。

 

鯛を三枚に下ろし、バーナーであぶって香りを引き出す。

 

別に素焼きした鯛の頭を鍋に入れ、昆布といっしょにだしを取り、薄口しょうゆとあわせ、土鍋の生米に投入。

 

先ほどあぶった骨と頭に、残りの身もすべて乗せて準備完了。

 

火にかけて20分ほどで完成。

 

炊飯器で作る鯛めし

テレビでは「履いてすてるほどおる」という鯛のうろこを取り、丹念に水洗いする。

 

この作業が実際にやると難しそうだなぁ。

 

米を入れた炊飯器に、切り身の鯛を乗せ、薄口しょうゆとみりんなどで味つけした汁だし汁を入れる。

 

あとは、20分ほど炊けばホームメイドの鯛めしが完成。

 

釜の底に鯛の旨みがぎゅっと沈みこんだおこげが、特においしいのだそうだ。焦げた香ばしい香りがしみこんですごくおいしいと。たしかに想像するだけで、パブロフの犬状態になってしまう。

 

(株)かどや 宇和島鯛めしの素
価格: 850円 レビュー評価:4.33 レビュー数:9 (2016.8.15現在)
商品情報 原材料 真鯛(宇和海産)、青トサカ、赤のり、きざみ海苔、白ゴマ、わさび 内容量 160g(鯛スライス60g、タレ90g、青トサカ・赤のり10g) 賞味期限 製造日より90日 保存方法 冷凍(?18℃以下) 配送方法 クール便(冷凍) ※メーカー直接配送商品 ※他のメーカーの商品とは同梱ができません。 特徴 その昔、猟師たちが火の使えない船上で、 釣った鯛の身をごはんにのせて食べたのが 「鯛めし」の始まりと言われています。 生の鯛のスライスをたれに絡め、温かいご飯に かけて食べる宇和島地方の代表的な郷土料理。 鯛は、新鮮なものを、特殊な技術で冷凍し たれは、かどやの特製。
Supported by 楽天ウェブサービス

 

残った鯛めしはおにぎりに

翌日の朝、冷えて残った鯛めしはおにぎりにする。鯛めしの次の日の定番で、次の日は一晩経ってごはんの一粒一粒の奥まで鯛のダシがしみこんで味が濃くなる。

 

お昼も鯛めしおにぎりを食べたりするみたい。

 

あとから録画を見てみると、次の日の朝の鯛めしの残り方がハンパない。

 

うちの炊飯器はテフロン加工が剥げて洗うのが大変だけれども、鯛めしを炊くにはおこげができやすそうだから良いかも?

 

問題は、近所のスーパーに新鮮な鯛が、リーズナブルな手の届く値段で売っているかどうかだな。天気次第だが、まずはちょっくら偵察に行ってこよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました