ジョブチューンSP シャウエッセンはフォークを使わない。超熟は冷蔵庫で保存しない

スポンサーリンク

6月18日のTBS系ジョブチューンスペシャルは、国民的大ヒット食品ぶっちゃけスペシャル。

 

きのこの山のチョコレートが2層構造になっていることにびっくり!えっ!たけのこの里もなの?

 

プッチンプリンはイチゴオレを入れて凍らせたり、おなじみの食品の、もっとおいしい食べ方がいっぱい。

 

シャウエッセンは箸で食べる

厳選した羊の腸を使用することで、パリッっとした食感を出しているシャウエッセンのおいしい食べ方は、その食感を大切にすること。

 

CMで久保田利伸がしているようにフォークで刺してしまうと、刺した段階でパリっとなってしまうので、実はおすすめではないとのこと。

 

包丁で切れ目を入れたりするのもNG。1本そのまま茹でたり焼いたりするのがおすすめ。

 

朝お急ぎのときは、フライパンに水を入れて茹で炒める

シャウエッセンのおすすめの調理の仕方は、パッケージの後ろにも書かれているが3分間茹でること。

 

朝急いでいるときは、シャイエッセンを入れたフライパンに水を入れ、約2分間水分がなくなるまで茹でる。最終的には炒めるようになる。

 

シャウエッセン肉じゃが

番組登場の日本ハム社員がおすすめのシャウエッセン料理は、肉じゃが。

 

いつもの肉じゃがを肉無しで作り、最後にシャウエッセンを入れて3分煮るだけ。

 

敷島製パン「超熟」の一番おいしい食べ方

飽きない味を目指して、もちもちしっとりで人気の「超熟」。一番おいしい食べ方は、そのまま食べる。

 

トーストするときは、あらかじめ余熱しておく。

 

冷蔵庫にいれると硬くなってしまうので、常温で保存する。

 

じゃことのりを使った和風ピザトーストの作りかた

(1)超熟食パンにマヨネーズをぬる

(2)ちりめんじゃこ、小さくちぎった焼き海苔、ピザ用チーズをのせる。

(3)トースターでチーズがとろけるまで焼く。

 

かっぱえびせんはみそ汁に

みそ汁に入れてすぐ食べると、食感も楽しめておいしい。

 

味の素のギョーザ

日本で一番売れている冷凍食品である、味の素の冷凍食品ギョーザ。

 

油も水もなしで、なぜパリッパリのはね付きギョーザが作れるのは、底の部分に水と油の混ざったはねのもとを塗りつけてあるという。ビックリ!

 

何もつけずに食べるのが一番おすすめだが、社員さんの間で流行っているのは、酢の中にこしょうをいれたタレ(酢コショウ)で食べること。

 

プッチンプリンを使ったプレンチトースト

グリコ社員の中で流行っているという、プッチンプリンをつかったフレンチトースト「プレンチトースト」の作り方は

 

(1)プッチンプリンを良くかき混ぜて食パンにのせる

(2)トースターで3分焼くだけ

 

カルピスシャーベットレシピ

初恋の味から、気づいたらカラダにピースになっていたカルピス。

 

これから夏にむけてアサヒ飲料社員おすすめのカルピスアレンジレシピが、カルピスシャーベット。その作り方は、カルピス1:牛乳2の割合に、お好みでレモン汁を入れて、冷蔵庫で3~4時間凍らせる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました