新チューボーですよ まかないのさっぱり牛丼

スポンサーリンク

出川哲朗をゲストに迎えての新チューボーですよ。

番組で挑戦したのはドライカレー。

 

簡単そうだったら挑戦してみようと思ったけど、みじん切りを大量につくったり、トッピングの野菜も手間がかかりそうなので、半ばあきらめてみていた。

 

が、目白旬香亭のまかないの「さっぽり牛丼」が簡単でおいしそうだったので、レシピをメモ。

 

さっぽり牛丼の作り方

ステーキに使う牛肉の切れ端を使うというところは、真似のしようがないな。

 

筋が多くお客にだせない部分を、包丁を寝かせてそぎ切りに。繊維を断つように切ることによって、筋が多い部分でも噛みきりやすく柔らかく食べることができるのだそう。

 

甘辛い割り下作りは、しょうゆに、洋食ならではのガムシロップを加え、すっきりとした甘辛味に仕上げる。

 

さらに、さっぱり仕上げるために、レモンを擦って加える。

 

レモンを加えるのは酸味よりも香りのため。甘辛い割り下にさわやかなレモンの風味を加えることで、さっぱりした後味に仕上がるという。

 

別鍋で炒めたたまねぎに、割り下をプラス。ひと煮立ちしたところで主役の牛肉を入れる。

 

かたくなりすぎないように、煮込みすぎは厳禁。

 

さっと火を通し、色が変わったところで、アツアツのごはんの上に盛り付け、ねぎと大葉をトッピングして完成。

 

「普通の牛丼が、レモンと大葉を入れることによって、ワンランク上の牛丼になる」と目白の巨匠。

 

これは、ぜひ試してみたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました