林修の今でしょ!講座 電子レンジ博士の電子レンジ活用術

スポンサーリンク

6月28日のテレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」最初の講座は、電子レンジについて。

 

フライパンなどで加熱する熱伝導に対し、電磁波で食品の分子を振動させ、表面も内部も同時に加熱する電子レンジ。

 

教えてくれるのは、電子レンジを研究して30年の肥後温子先生。

 

冷凍刺身は自然解凍をはさまずすぐレンジに

冷凍したお刺身を解凍するときは、冷凍庫から出してすぐ解凍する。しばらく自然解凍するのは、やってはいけないこと。

 

電子レンジのマイクロ波は、溶けて温度の高い部分のほうが凍った部分よりも約10倍も吸収されやすい。

 

お刺身の表面が煮えてしまい、中は凍ったままなのは、冷凍庫から出してそのままおいてしまうから。

 

均一に解凍するには、冷凍庫からだしたらすぐに電子レンジで解凍する。

 

電子レンジスゴ技 7位 玉ねぎの甘みアップ

 

電子レンジでチンすると、辛味成分の硫化アリルが消えて元々隠れてした甘みが感じられる。

 

フライパンで玉ねぎを甘くしようとすると、熱が内部までいくのに時間がかかり、焦げてしまうと焦げの苦味が甘味を打ち消してしまう。

 

甘みをさらにアップするには、玉ねぎ半分をスライスして600Wで3分間チンする。

 

肉じゃがやハンバーグ、カレーなどのレシピも紹介されていたが、林先生が「パパーッとやってみたい」と言っていた、インスタントスープに入れるのも簡単だが良さそう。

 

玉ねぎ以外でも、長ネギも加熱すると甘くなるので、これにしょうゆとかつお節をかけるというレシピもすぐに試せそう。

 

電子レンジスゴ技 6位 レモンを丸ごとチンすると絞り尽くせる

レモンを実際に絞ったゲストの岸本加世子さんが「笑っちゃうくらいちがう」という、普通のレモンとチンしたレモン。

 

電子レンジで加熱すると、温度が上がることにより流動性が増し、また、細胞が破壊されて汁が絞りやすくなる。

 

レモンは丸ごと、約600Wで30秒温める。すだちも同じように温められる。

 

自宅の電子レンジの温まりやすい場所の探し方

簡単にテストするには、真ん中と端に水を置き1分間加熱してみる。

 

温度の高いほうが加熱されやすい場所。たしかに言われてみれば簡単だなぁ。

 

電子レンジスゴ技 5位 水溶性の栄養素が壊れにくい

ゆでたホウレンソウと電子レンジで加熱したホウレンソウでは、電子レンジのほうがビタミンCが5倍も多く残る。

 

電子レンジは水を使わず、短時間で加熱するので、栄養素が壊れにくい。

 

ゆでたブロッコリーと電子レンジで加熱したブロッコリーでは、電子レンジのほうが甘味が1.5倍多い。

 

しけた煎餅はラップにくるまずチン

しけた煎餅をパリッとした食感に戻すには、ラップにくるまずチンする。ラップにくるむと水分が逃げられなくなる。

 

より温まりやすくなるのは丸い容器

冷えたカレーや弁当を温めるときに、温めムラをすくなくするには、四角いお皿ではなく丸いお皿にする。

 

丸いとマイクロ波が中心に集まりやすくなり、加熱が速く加熱ムラもなくなる。

 

電子レンジスゴ技 4位 やきそばを炒める前にチンする

やきそばの麺を炒める前に電子レンジで加熱すると、麺のコシが強くなる。

 

「ふわっとしてもちっとする」のだそう。

 

袋が膨れるくらいに加熱すると、でんぷんが糊状になり粘りが強くなってコシが強くなるとのこと。

 

ほぐれて温度も上がっているので、炒める時間も短くなり、野菜のシャキシャキ感も残しやすい。

 

冷凍うどんも、レンジでそのまま解凍するとよい。

 

電子レンジスゴ技 3位 レンジは掃除の前に水を温めておく

電子レンジを掃除する前に、水を温めておくと汚れが落ちやすい。

 

ターンテーブルに水を張ると、ターンテーブルの汚れも解け出し、蒸気の作用で周囲の汚れも浮く。

 

汚れを放置してそのまま使っていくと、汚れが炭化してきて、それがマイクロ波を吸収し、発火してしまう危険がある。林先生は学生時代に実際に発火したそう。

 

電子レンジスゴ技 2位 じゃがいものホクホク度アップには蒸らす

じゃがいもを電子レンジでチンするには、まず水で濡らしラップして電子レンジで加熱する。

ただし、加熱ムラが残るので、蒸らすことで熱が均一になって、ホクホク度がアップする。

 

電子レンジのむかない食材

パンは水分が少なくすぐに温まってしまい、カチカチになってしまう。

 

温子先生の電子レンジ活用術

ソーセージを加熱するときは、破裂を防ぐために、キャベツの間にうめてキャベツをクッション材にする。

 

600W約2分で、ソーセージとキャベツの温野菜が完成。

 

冷ごはんをチンして温め、煮物を混ぜチンすると新しい料理になる。

 

鮭フレークを作るには、生の鮭を4等分して温める。

 

電子レンジスゴ技 1位 狙ったおかずだけをホカホカに

お弁当で、温めたい部分だけを温めることのできる電子レンジ。実用化も近いという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました