この差って何ですか?塩少々と塩ひとつまみの差は指の数

スポンサーリンク

TBS系テレビ「この差って何ですか?」

 

7月10日の言われると気になるランキングは塩少々と塩ひとつまみの差。

 

料理はいつも感覚なので、このブログには小さじとか大さじとかも書くけれども、実際にはオール目分量。

 

なので、塩少々と塩ひとつまみって、どちらか多いのかもわからないが、料理学校の教科書にもきっちり載っているのだそう。

 

詳しく教えてくれるのは、料理研究家の浜内千波さん。

 少々は親指と人差し指で、ひとつまみは3本で

少々は、親指と人差し指2本で軽くつまむこと。ひとつまみは、親指、人差し指、中指の3本を軽く合わせてつまむこと。

 

昔は量るという道具がなかったので、おばあちゃんの知恵袋のように考えて工夫したのが、指を使って均一になるように量るということにつながったそう。

 

実際の塩の量の差は?

塩少々は 0.3 ~ 0.5g、塩ひとつまみは 0.8 ~ 1.0gと倍くらい違う。

 

指の太さが違うと個人差が出る

街ゆく50人に、塩少々と塩ひとつまみを実際にしてもらって塩の量を調べると、同じ塩少々や塩ひとつまみでも倍くらい違ったりする。

 

「人によって指の太さが違うので意味がないのでは?」というちょっと意地悪な質問に、浜内先生はそうではないんですよと。

 

それぞれのお母さんの指の太さによって、塩の量が変わる。それがイコールおふくろの味。

 

たしかに、毎回台所で別々の人が料理していたら変。作る人がいつも同じであれば、塩少々や塩ひとつまみの量がかわることもほどんどないか。

 

子どもといっしょに料理して、塩少々と塩ひとつまみのちがいを上手に説明できると、子どもも一層お手伝いしてくれるようになるかもしれないですし、楽しそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました