サタデープラス 家庭で簡単にできる燻製たまご、燻製ハンバーグ、燻製バナナ

スポンサーリンク

7月16日のTBS系「サタデープラス」

 

料理が苦手な鈴木奈々さんが自宅で簡単にできる燻製教室に。

 

教えてくれるのは、東京・豊洲 おもてなし料理教室 ルセットボヌールのカンナさん。

 

燻製って何?

燻製を一言でいうと、「食材に煙をまとわせて、風味をアップさせたり、保存性を高める調理法」とカンナ先生。

 

燻製作りって、大掛かりなイメージがあるけれども、中華鍋など家にあるもので、しかも簡単にできるという。改めて買う必要があるのは、スモークチップぐらい?

 

燻製の作りかた

(1)中華鍋(テフロン加工されていないもの)にアルミホイルを引き、スモークチップをひとつかみおいて、網をひく。

  あみを浮かせられるので、中華鍋が便利。

(2)好きな具材を網の上に。番組では、プロセスチーズ、枝豆、ちくわ、味玉を並べる。

 水分が多いものは、事前に乾燥させておく。

(3)準備ができたら、強火にかけ煙がでてくるのを待つ。

(4)煙が逃げないようにボウルなどでふたをする。

(5)中火にして約10分。

(6)ふたを開けるときは、換気扇の下で。すぐ食べてもよいが、1時間でもクールダウンして寝かせることで、味の深みが増す。

 

たった10分で、いつものちくわが「めっちゃ大人の味に。すごい品がでました」と奈々ちゃん。

 

味玉は、あらかじめ、ゆで卵をめんつゆに1時間つけておく。

 

ご飯にあう燻製ハンバーグの作りかた

(1)ハンバーグを普通に練り、表面を軽めに焼く。

(2)燻製にするときは、チップの上にもアルミホイルをひく。

アルミホイルを2枚重ねにすることで、ハンバーグから落ちた油でチップの火が消えてしまうのを防ぐ。

(3)10分で燻製ハンバーグの完成。

 

バナナも燻製にして高級な味に

さらに、バナナも燻製に。

 

そんなの食べられるのかいな?と思うけど、バナナは15分間燻す。

 

日々の献立にバリエーションをプラスということだが、スモークチップは桜でなくてもなんでも良いので、一度試してみると、ひょっとしたらハマるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました