Eテレ きょうの料理 もっと身近にパクチーレシピ みそ炒めのみそはみりんでゆるめておく

スポンサーリンク

NHK Eテレ きょうの料理7月27日は、もっと身近にパクチーレシピ。

 

パクチー使いのコツを料理研究家の重信初江さんが教えてくれる。

 

使い方のコツは

・捨てるところなし・・・根っこも香りの良い部分なので、捨てずに使える

・加熱はさっと・・・炒めすぎると香りが無くなり、かたくなってしまう

・こっくり味と相性抜群・・・みそ味や油のコクなどに合う

 

パクチー焼き飯

(1)パクチーの茎の下のほうを切り、根っこと茎の境の部分に縦に十字で(バッテンで)切れ目を入れ洗って土を取り除く。

(2)根っこをこまかく切る。茎と葉っぱの部分はちょっと細かめの5mm幅に切る。

火の通し加減が異なるので、根っことは別にしておく。

(3)たまねぎは、ちょっと粗めのみじんぎり。

(4)ツナ缶の油をフライパンに入れ、火にかける前に、根っことたまねぎを入れる。

ツナ缶の油には水分が混ざっていて、熱くなってから入れるとパチパチパチとはねてしまう。

(5)火にかけて、たまねぎがしんなりするまで炒める。

(6)ツナ缶の具を加える。

(7)軽く炒めたら、ごはんを入れて、全体に合わさるように切るように炒める。

(8)ごはんをちょっと寄せて、ごはんのないところにしょうゆを入れ、塩・コショウを少々加える。

(9)だいたい炒めたら、パクチーを加えてサッと炒め出来上がり。

 

パクチーと豚肉のみそ炒め

(1)豚のこま切れ肉にお酒と塩・コショウを入れ、片栗粉を加えて、ちょっと揉んでおく。

(2)フライパンにごま油を入れて、強火の中火で(1)の豚肉を入れる。

(3)まだ豚肉に赤色が残っている段階で、5㎜幅に切ったねぎを入れる。

(4)パクチーを3cm幅に切る。

テレビでは炒めている最中に切っていたが、あらかじめ切っておくのが現実的でしょうね。

(5)ねぎに火が通ってきたら、みそとみりんを混ぜたものを加える。

みそはかたいので、同量のみりんとでゆるめておいたほうがすぐに炒められて便利。

(6)最後にパクチーを入れて、全体に炒めて完成。

 

そのほか、パクチーのみそ汁と和風万能だれが紹介。

 

パクチーとコリアンダーが同じものということさえ知らず、どんな味・香りなのかまったくわからないので、まずスーパーでモノを探してみるところからだ・・・。

 

味噌炒めのときには、あらかじめみりんで味噌をゆるめておくというのは、今度からただちに真似しようっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました