サタデープラス 7/30 夏冷え・夏バテに酢生姜レシピ

スポンサーリンク

7月30日のTBS系「サタデープラス」で、またまた酢生姜が登場。

 

夏冷えに悩む、椿鬼奴と篠原信一が2週間の酢しょうが生活に挑戦。

 

まず、酢しょうがの作り方を確認。

用意するのは、酢100cc、生姜100g、ハチミツ20g。

酢はなんでも良いが、夏冷え解消のおすすめは、代謝を上げる効果の高い黒酢。

(1)しょうがは皮ごと切って、みじんぎりにする

しょうがは皮の付近に健康成分がもっとも多く含まれている。

(2)容器に移したらお酢を入れ、ハチミツを加えてかき混ぜるだけ。

(3)一日置いたら完成。

イシハラクリニック副院長・石原新菜医師によると、大さじ1杯分を一日3回に分けて食べるとよい。

 

手羽元のさっぱり酢生姜煮

椿鬼奴さんのご主人が挑戦した酢しょうが料理は、鶏肉の煮込み料理。

(1)なべに鶏手羽元を入れ、しょうゆ、砂糖、酢しょうがを加えて弱火でじっくり煮込む。

(2)15分煮込んだら完成。

冷やし中華にも酢生姜

ビンに入れた酢しょうがを持ち歩いている篠原さんは、冷やし中華に酢しょうがをかけて食べていた。

 

お酢の料理には合うそう。

 

そうめんのおつゆに混ぜたり、冷奴にのせたり、冷たい料理を食べながら体を温めることができる。

 

また、前園真聖さんとの焼肉でも、焼肉のタレのかわりに酢しょうがで焼いたお肉をパクリ。気乗りしなかった前園さんにも「食べた後に口の中があっさりする」と好評。

 

関根務おすすめ 肉まんに酢生姜

血流改善のために酢しょうが生活をずっと続けているという関根勉さん。

 

以前の2週間の酢しょうが生活で血管年齢が64歳から46歳に一の位と十の位の数値が入れ替わった関根さんは、4か月経っても酢しょうが生活を続けているそう。

 

その関根さんがおすすめの、酢しょうがともっとも合う食べ物は、なんと肉まん。

 

肉まんを2つに割って、酢しょうがをスプーンで入れ、液体のお酢はそのまわりにかけてまんじゅうの生地に吸収させる。

 

酢生姜ちらし寿司

(1)ご飯2合に酢生姜大さじ10杯を入れ、うちわであおぎながら混ぜる。

(2)錦糸玉子、かつお、うなぎ、角切りの山芋、きゅうり、刻み海苔をかけて完成。

 

酢飯よりもマイルドという感想が多いみたい。具材を変えて試してみようかな。

 

酢生姜とあずき

あずきに含まれるサポニンが、体のなかの余分な水分を外に出して体を温めてくれる。

 

そのあずきの冷え解消パワーをさらに高めるのが酢しょうが。

 

篠原さんは「おいしいやん」とコメントしていたが、これは個人的にはパス。鬼奴さんはあずきスムージーを作って飲んでいた。

 

酢生姜とニンニク

ポイントはニンニクと油を合わせること。

 

ニンニクに含まれる香りのもとであるアリシンが油のなかでスルフィドに変化するが、これが非常にすぐれたスタミナ成分。疲労物質を体外へ排出してくれるとのこと。

 

スルフィドの元であるアリシンは、細胞が壊されることで生まれるので、ニンニクは細かくすればするほどスタミナ効果がアップ。

 

レシピ例としては、刻みにんにくと酢しょうがを使った麻婆豆腐や、エビチリへのちょい足しがおすすめだそう。

 

2週間の酢しょうが生活で、鬼奴さんは体温が35.3℃から風邪のときの体温という36.5℃へアップ。篠原さんは35.6℃から36.4℃に。「前より上がっているということですよね」の言葉は控えめだが、ニンマリした表情に嬉しさがみじみ出ていた。さらに手の指先は26.4℃から32.2℃に。こんなに急変して良いのか逆に心配するほど。

 

酢しょうがは持ち歩くことを面倒がらずにやれば、料理をぜんぜん作らない人でも、外食のときにチョイと足すだけでOKなので、きょう酢しょうがを作れば明日から実行できる。

 

ビビットを見てせん切りで作った酢しょうがもほとんどなくなったので、今度はみじんぎりで試してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました