キューピー3分クッキング チキンソテー レモンソース

スポンサーリンク

8月5日のキユーピー3分クッキングは、チキンソテーレモンソース。

 

けっこうしっかり焼くので、焦げたりしないか気になるが、一度は試してみたいのでメモっておこう。

 

 小麦粉をまぶして焼き色をしっかりつける

(1)鶏もも肉に、包丁の先でつつくようにして切れ目を入れる

これによって、火の通りも、下味のソースの入りもよくなる。

(2)鶏もも肉600g(4人分)に、うすく塩小さじ半分を振り、こしょう(粉末のホワイトペッパー)を振って、全体にもみ込む。

(3)小麦粉を薄くまぶして、余分な粉をはたく

小麦粉をまぶしたほうが、さらにカリッときれな焼き色がつきやすい。

(4)焼いた鶏肉に乗せるための、厚さ2ミリ程度のレモンの輪切りを切り、周りの皮も切り落とす

(5)残ったレモンを、レモン絞り器でしっかりしぼり、濾して種が入らないようにしておく

(6)フライパンに油大さじ1杯入れ、中火弱で約10分焼く。皮目だけで色をつけながら八分通りぐらい火を通す

返したときに、ちょっと濃いめのきつね色焦げ目がついているのが理想。

(7)返したら、レモンの輪切りをのせる

(8)中火弱で約5分、場合によっては7分火をちゃんと通す

ブールマニエを入れだまにならないようかき混ぜる

(9)なべで3分の2カップのお湯を沸かす

(10)洋風スープの素4分の1個をいれる

(11)塩少々と、ひきこしょう少々を入れ、しょうゆ小さじ4分の1を入れる

(12)ブールマニエ(やわらかくしたバター小さじ2杯に小麦粉小さじ2杯を混ぜて練ったもの)を入れ、サーっと混ぜて1回強く煮立てる

(13)火を弱くして吹きこぼれないようにしたら、絞ったレモンを大さじ2杯入れ、すぐに火を止めてひと混ぜする

(14)(8)の鶏を皿に盛り付け、(13)のレモンソースをたっぷりかける

 

テレビではゆでたアスパラガスを添えていたが、近所のスーパーではもうアスパラガスは並んでいないので、合いそうなものを適当に試してみよう。

 

最初の皮がわを色がつくまでじっとそのままに、ひっくり返さずに待てるかがまずはポイントになりそうだが、レモンとか黒コショウとか鶏肉にあうので、これも試してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました