あさイチ 8/31 ざる向上委員会 つまりにくく洗いやすい金ざるは16メッシュ

スポンサーリンク

8月31日のNHK総合テレビ「あさイチ」で、ざるが特集。

 

ざるのお悩みには、ひじきが詰まったときの悲しさや、何度振っても、水が切れている感じがしない、洗いもので、網目に泡が残っているようないないような、すすいでもすすいでも、すすぎきれていない感じが残ったりするなど。

 

ざるには網の目の大きさが何種類もある

ざるは4メッシュから100メッシュまで、網の目の大きさが何段階もある。
惣菜用は6.5メッシュ、かつおだし用は30メッシュ。

 

ググってみると、1インチに何個の目があるかを表す単位がメッシュで、ざるの目の細かさをあらわしている。数字が大きいほど網の目は小さい。

 

ざるの通販サイト-料理道具のフクジネット/浅型ざる・深型ざる の説明が,

個人的にはわかりやすい。

 

詰まりにくく洗いやすいのは16メッシュ

一般的なのは米とぎを想定して作られた目の粗い12メッシュ。

メッシュが違うと、実際にどれくらい違うのかキャベツの千切りで比べてみると、12メッシュの金ざるだと、水きりしたキャベツを、ざるから他の容器に移すときに、キャベツがざるの目に詰まってなかなか取れない。

 

目が大きいと、小さい食材は詰まってしまう。

 

目が小さければ、つまりにくく、洗いやすい。16メッシュがおすすめとのこと。16メッシュのざるは、ブロッコリーやひじき、そうめんも詰まりにくい。

 

数字が覚えられないときは、放送でも流れていた松本伊代さんの「センチメンタル・ジャーニー」を思い出すと良いかも!?

 

キッチングッズ専門家の野口英世さんによると、家にあるざるが12メッシュか16メッシュかわからないときは、1.6mmのスパゲッティの乾麺を通してみて、気持ちよく通ったら12メッシュとのこと。

 

このあと、番組では、ざるリンピックと題して、水切れのよさを比較。

 

金ざる、パンチングざる、竹ざる、シリコンざる、プラスチックざるで見事優勝したのは竹ざる。

 

金ざるやパンチングザルにかかる表面張力がなく、水切れがよいが、パスタなど水分を切り過ぎたくないときは、水の残りやすいパンチングザルのほうがよい。

 

竹ざるは、器としても使え、洗剤を使わずに洗って、風通しのよいところにおく。流しの下などにおくとカビてしまうとのこと。

 

ざるの目の大きさは確かに違うが、メッシュという単位があることを知っただけでも得した気分だ。

 

洗いもののときに困る人には、ざる用のたわしも売っているそう。楽天で探してみると魚型スポンジとかのマーナの下の商品が目についたが、お弁当箱用のブラシとかも発見。どう違うのかちょっとだけ気になるなぁ。

 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

マーナ ハンディざる洗い K628B
価格:648円(税込、送料別) (2016/8/31時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました