この差って何ですか?マイタケとゴボウの簡単きんぴら

スポンサーリンク

1月15日の「この差って何ですか?」で、健康効果が高いとされるキノコの作り置きレシピが紹介された。

教えてくれたのは、料理研究家の木田マリさん。

この差って何ですか? 免疫力アップにαグルカン豊富なマイタケ
1月15日の「この差って何ですか?」で、キノコの種類による健康効果の差が紹介。【関連記事】・世界一受けたい授業 家でできるインフルエンザ対策はまいたけ、歯磨き、あいうべ体操・ヒルナンデス!驚きのきのこパワーSP免疫力アップにキノコに含まれる

マイタケとゴボウの簡単きんぴらの作りかた

マイタケとゴボウの簡単作り置きレシピとして紹介されたのは「マイタケとゴボウの簡単きんぴら」

600mlの保存容器に入る量の作りかたは

(1) ゴボウ1本(150g) を皮ごと薄切りにする

(2)切ったゴボウは、水にさらして、サッとアク抜きする

(3)マイタケ2パック(200g) を手で裂く

包丁で切るよりも手で裂いたほうが、断面積が広くなって味が染みこみやすくなる。

(4)アク抜きしたゴボウを、中火で2分ほど炒める

(5)ちぎったマイタケを加えて、さらに30秒ほど炒める

(6)水大さじ2を加える

水を加えることで、蒸し焼きになって早く火が通るという。

(7)しょう油大さじ2、みりん大さじ2、さらに、水大さじ2杯を加える

(8)汁気が無くなるまで炒めると完成

容器に入れて冷蔵保存すれば、5日ほどおいしく食べられるそう。

バターを加えて炒めると、和風パスタにも

この簡単きんぴらを、バターを加えて炒めてパスタと絡めると和風パスタにもなる。

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・この差って何ですか?マイタケとゴボウの簡単きんぴら […]

タイトルとURLをコピーしました