ヒルナンデス!おいしいフレンチトーストの作り方

スポンサーリンク

11月1日の「ヒルナンデス!」で、旬のりんごや栗をつかったスイーツのほかに、これのおいしいのが朝食にあるととっても幸せなフレンチトーストの作り方が紹介された。

おいしいフレンチトーストの作り方のポイントは3つ。

教えてくれたのは、ABCクッキングスタジオの水谷里歩先生。

2人分の材料

食パン(6枚切り)2枚、卵1個、砂糖大さじ2、牛乳220ml、バニラエッセンス少々、バター20g、生クリーム大さじ2、ホイップクリームお好み、ジャムお好み、粉糖お好み

薄いパンだと卵液がいっぱい入らないので、フワフワしない。

一方で、厚すぎると卵液が染みこむのに時間がかかってしまう。

(1)ボウルに卵1個、砂糖大さじ2、牛乳220ml、バニラエッセンス少々を混ぜ合わせて卵液を作る

このとき、生クリーム大さじ2を加えるとさらにコクが出ておいしくなる。

(2)それらをボウルでしっかり混ぜ合わせる

しっかり混ぜないと、卵白が均一にならない。

混ぜ合わせた卵液をザルで濾すと、舌触りがなめらかになる。さらに、パンにより良く染み込みやすくなる。

(3)食パンに卵液で味をつけていく

焼く前の食パンに、卵液で味をつける。

中まで卵液がしっかり染みこむように、竹串などで刺す。

最低でも5分以上、味を染み込ませる。

パンの耳は特に味の染みこみが悪いので、5分以上は浸す。

(4)5分経ったら、食パンをひっくり返す

両面に、しっかり味を染み込ませる。

(5)フライパンにバターを溶かし、風味をつけ、パンを焼いていく

焼いているときは、あまりひっくり返さない。

中~強火で30秒、その後中火でおよそ2分焼き、ひっくり返す。

(6)半分に切って、お好みでジャムや生クリームを盛り付けて出来上がり。

ゆっくりできる余裕のある朝でないと、作るのはむずかしいな・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました