ヒルナンデス 五十嵐美幸シェフの豚ひき肉と鰹節のチャーハン

スポンサーリンク

10月29日の「ヒルナンデス!」

『今さら聞けない!料理の基本検定』のコーナーで、間違い探しのようなクイズ形式を通してチャーハンをパラパラにする作りかたが紹介された。

五十嵐美幸シェフが、家庭でチャーハンを作るときの基本を教えてくれた。

クイズに挑戦した松本伊代さんは、「チャーハンを作るんですけど、実際のところどうしていいかわからないんですよ」と。

たしかに、わからないなりにも、それなりには出来る・・・。

豚ひき肉と鰹節のチャーハン2人分の作り方

(1)ワケギ2本を、2~3ミリの小口切りにする

チャーハンをおししくするポイントは香り

(2)フライパンにごま油大さじ1を入れる

(3)豚ひき肉100gを炒める

チャーハンの基本は、おいしい油でご飯を炒めること。

お肉を炒めて、油にお肉のおいしさを移す。

チャーハンに大切なのは、味付けではなく、香りづけ。

塩とかあらゆるものを入れすぎているので、家庭のチャーハンは味付けしすぎという。

(4)お肉を炒めたら、うま味をアップするために、鰹節5gを加えて炒める

温かいご飯に卵をざっくり混ぜる

(5)温かいご飯250gに、Lサイズの卵1個を入れて、軽くざっくりかき混ぜる

注意点は、混ぜすぎないこと。

卵をきれいに混ぜすぎると、ご飯に粘りが出てしまう。混ぜるのは、フライパンに入れてからにする。

(6)2~3回ざっくり混ぜたら、フライパンに入れる

味付けしないで、醤油も香りづけ

(7)ご飯を入れたら、強火で炒める。

フライパンのなかで混ぜていくとバサナサにならず、しっとり感もあってパラパラになるという。

ここで、いろんな味付けをしてしまうが、基本的に「チャーハンは香り」

(8)香りづけに、醤油大さじ1杯半を鍋肌からまわしかける

塩・こしょうもしない。

(9)最後に、ワケギを加えて軽く炒めると完成

冷ご飯からでもチャーハンは作れるけれども、温かいご飯からチャーハンを作ってみたくなった。

しっとりパラパラなら、レタスチャーハンとかにも簡単にアレンジできそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました