おしゃべりクッキング 栗おこわ

スポンサーリンク

10月5日の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は、栗おこわ。

しいたけを戻すだけでもがかかるが、冷蔵庫に入れておくだけ。

調理も決して簡単とは思えないが、おこわができると、これからのホームパーティででかい顔ができるかも?

ということで、その作り方を確認しておこう。

干ししいたけを5時間かけてもどす

(1)もち米2合をさっと洗っておく

(2)干ししいたけ3枚を水250mlにいれて、冷蔵庫に5時間ほど入れておく

肉厚なしいたけの場合は10時間ほどかかることもある。石突の部分を切ったときに柔らかくなっていればOK。

(3)しいたけは4等分に切る

(4)しいたけの戻し汁に、しょうゆ大さじ1、オイスターソース大さじ1を加えてかき混ぜる

(5)ゆでたけのこ80gを、1.5~2センチほどの大きさの乱切りにして、食べ応えがあるようにする

(6)焼き豚50gを7ミリ角に切る

(7)たまねぎ40gを1センチ角に切る

(8)青ネギ1本を5ミリ幅に切る

だしを3回に分け入れて炒める

(9)フライ半に油を適量入れる

(10)強火で、たまねぎを炒める

油にたまねぎの香りを移す。

(11)たけのこも炒める

たけのこは、ちょっと炒めることで表面の水分を飛ばし、そこに味をいれていくという。

(12)少し炒めたら、しいたけ、さらに、焼き豚を加える

(13)よく水分を切ったもち米を入れ、表面が半分透き通った状態になるまで炒める

そうすると、表面のでんぶんに火が通って、炊いたときにべちゃべちゃになりにくい。

炒めていると、もち米なので、少し粘りが出てきてお互いくっついてくる。

(14)もち米の表面が半透明になり、少し粘りが出てきたら、もどし汁のだしを3回ぐらいに分けて加える

一気に入れてしまうと、もち米が柔らかくなって、炊いたときにべちゃっとなってしまう。

火加減は、ずっと強火。

(15)炒めて汁けがなくなったら、炊飯器に移す

(16)甘栗のむき実を14個入れる

(17)水は加えず、普通にお米を炊くモードで炊く

(18)炊きあがったら、青ネギを加えて混ぜる

こうして書き留めている間にも、いっそう食べたくなってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました