ピラミッド・ダービー レストラン大宮のしょうが焼きレシピ

スポンサーリンク

9月4日のTBS系「ピラミッド・ダービー」。最初のレースはド本命の巨匠の料理を完全コピーできるか。

 

3人の挑戦者の目の前で巨匠が調理を公開ののち、4人同時に料理。4人の作った料理から巨匠が自分の料理を当てるというもの。

 

今回の巨匠は、東京浅草のレストラン大宮のオーナーシェフ大宮勝雄さん。料理はシンプルなポークジンジャー。挑戦者は、東京台東区鶯谷グリル ビクトリアの大原俊一シェフ、和食レストラン夢庵のメニュー開発責任者織田金司さん、おうち料理研究家みきママ。

 

具材・ソース材料

豚肩ロース とんかつ用150g、白ワイン、リンゴジュース100%クリアタイプ、しょうゆ、しょうがのしぼり汁、プレーンヨーグルト(無糖)、にんにくすりおろし、しょうが千切り、無塩バター、こしょう、塩、小麦粉

 

しょうが焼きの作り方

(1)豚肩ロース(150g)の筋を切る。肉を裏返し、脂の部分に互い違いに両面に筋を入れる

(2)塩・こしょうを両面に振って下味をつける

(3)小麦粉を両面にまぶし、余分な小麦粉はたたいて落とす

同じテンションの火で焼く

(4)スキレットという鉄製フライパンでオリーブオイルを熱したら、オリーブオイルを一回捨てる

このことで熱い油の膜ができる。

(5)この油の膜の上に、再びオリーブオイルを入れる

これで、素材を入れても焦げ付かない。

(6)中火で豚肩ロースを焼く

同じテンションの火を素材の両面にかけていく。

(7)焼くこと2分30秒。レアの状態で取り出し、余熱で中まで火を通す。

 

ソース作り

 (8)熱したフライパンにしろワイン大さじ1と1/3、リンゴジュース100%(クリアタイプ)大さじ1と2/3、しょうゆ小さじ1/2、しょうがのしぼり汁小さじ1弱、プレーンヨーグルト(無糖)こさじ1、にんにくすりおろし少々、しょうが千切り4g、最後に無塩バター20gを溶かす。

(9)余熱で火の通った肉から出た肉汁を入れたら、肉を戻しソースになじませるように絡める。

(10)盛り付けて、フライパンに残ったソースをかけて完成。

 

肉の火の通りも違うだろうけど、ソース作りの手際によって、ぜんぜん違ったしょうが焼きになりそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました