グレーテルのかまど 林家木久扇の思い出のプリン

スポンサーリンク

9月5日のNHK Eテレ「グレーテルのかまど」は、プリン。

 

一曲作ってしまうほどプリンが大好きな、林家木久扇師匠の思い出のミルクホールのプリンを再現。

 

淡い甘さのけっこう固めのプリンの作り方は・・。

卵の風味が生きるほのかな甘さ

まずカラメルを作る。

(1)グラニュー糖を少しずつ鍋に入れて、溶かしていく

油断するとすぐに焦げてしまう。

(2)全体的に泡がぶわーっと出てきてカラメル色になったら、火を止める

(3)粉ふるいをかぶせて水を入れる

熱いカラメルが飛び散るのを防ぐ。

(4)カップにカラメルを入れる

 

卵3個に対して牛乳225g、卵多めでしっかりプリンを作る。

(5)泡だて器を底に沿わせながら、泡立てないように卵を混ぜる

(6)グラニュー糖を加え、まぜあわせる

(7)鍋に牛乳を入れる

(8)バニラのさやを裂き、バニラビーンズを取り出す(バニラエッセンスでもOK)

(9)バニラを加え、50℃になるまで温める

熱すぎると混ぜている間に卵が固まってしまう。

(10)(9)の4分の1ほどを(6)の卵に加え、混ぜ合わせる

(11)残りも全部加えて、混ぜる

(12)目の細かい粉ふるいやザルでこす

(13)ラップを密着させて、細かい泡を取ってプリン液完成

 

たっぷり蒸気で口当たりなめらかに

(14)カラメルがしっかり固まっているのを確認して、プリン液を8~9分目まで注ぐ

(15)天板の上にバットにおき、キッチンペーパーを敷く

(16)プリンを並べたら、カップの半分ぐらいまでバットに水を入れる

(17)160℃のオーブンで35分焼く

(18)粗熱を取って冷やしたら、スプーンでフチを丁寧に押して外れやすくして型から外す

(19)サクランボをのせて完成

 

とりあえず、明日プッチンプリンを買ってこよう。

 

グレーテルのかまど公式サイトの林家木久扇師匠のプリンレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました