水島流レタスチャーハン

スポンサーリンク

9月9日の金スマで紹介された、弱火料理の達人・水島弘史シェフのレタスチャーハンの作り方をメモ。

ベチャベチャにも、パサパサにもならず、焦がす心配もないチャーハンを学ぶ。

溶き卵は、混ぜるのではなく切る

(1)水島流の切り方で、レタスを食べやすい大きさに切る

(2)長ネギをみじん切りにする

水島流は、長ネギの片側に斜めに切り込みを入れ、転がして反対側にも同じように切り込みを入れる。そのあと端から薄く切っていくと、みじん切りができる。

(3)溶き卵をつくる

水島流は、しっかりと箸を突き立てて、力強く向こうとこっちを行ったり来たり一文字を書くようにバーッとすると、簡単にコシって切れていく。

温かいご飯で下準備

(4)温かいご飯をボウルに入れたザルの中に入れる

(5)水をスプーン2杯ぐらいかけてご飯をほぐす

炊きたてのご飯はでんぷん質が糊状になっているため、水をかけてのりをはがす。

(6)油を掛けて混ぜる

ご飯の表面を膜でコーティングし、水分の蒸発を防ぐと同時に、ご飯一粒一粒がくっつかずにパラパラにできる。

火を点ける前に溶き卵をフライパンに

(7)火の点いていないフライパンに油を入れ、溶き卵を入れ、弱火にする

(8)卵にかたまりができてきたら、下準備したご飯を入れる

(9)ご飯を切るようにほぐしながら約3分混ぜる

(10)長ネギを入れ、約2分切り混ぜる

(11)レタスを入れ、塩・こしょう・醤油で味付けする

(12)香りが出たら、フライパンの真ん中をあけて強火にして、真ん中にごま油を入れ香ばしさを出して完成。

レタス余っているから、ハムかなにかも入れて、試してみようかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました