きょうの料理ビギナーズ はじめての和食 豚カツとアスパラガスのごまあえ

スポンサーリンク

NHK「きょうの料理ビギナーズ」

はじめての和食の第7回は、豚カツと副菜のアスパラガスのごまあえ。

約170℃の油でじっくり揚げる

豚カツのポイントは、油の温度と揚げる時間という。

(1)豚ロース肉(豚カツ用)2枚(300g) は、調理する30分前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておく

(2)赤身と脂身の間の筋を、キッチンばさみで3~4か所切る

(3)両面に塩・こしょうを振って下味をつける

(4)豚肉に小麦粉をまぶし、溶き卵(1個分)を絡める

(5)パン粉をたっぷりふりかけ、上から押してしっかりなじませる

(6)サラダ油を鍋の4センチの深さまで入れた170℃の油に、豚肉を静かに入れる

(7)中火で揚げ、薄く色づいて浮き上がってきたら返す

(8)途中1~2回返しながら4分ほど揚げ、全体がきつね色になったら取り出す

もう一枚を揚げるときは、油の中に落ちたパン粉などのかすを取り除いてから揚げる。

油は冷める前にこす

使い終わったサラダ油は、冷めると粘りが出てこしにくくなるので、粗熱が取れたらこす。

2~3週間を目安に使いきる。

アスパラガスのごまあえ

(1)アスパラガス(2人前で4~5本)は根元から4~5センチの皮を剥く

(2)4センチの長さに切る

(3)穂先以外のアスパラガスを中火で1分ほど煮る

(4)すぐに火が通る穂先はあとから加えて、さらに1~2分ほど茹でて、ざるに上げて広げて冷やす

(5)ボウルに、すりごま大さじ2、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ2、水少々を入れて混ぜ合わせる

(6)アスパラガスを加えて、あえる

豚カツはあまりうまくできたことがないけど、「上から押してしっかりなじませる」ことはしたことがないので、このあたりをしっかり思い出してまた挑戦してみたい。

アスパラガスのごまあえも、簡単にできそう。

アスパラベーコンの下茹で時間がどれくらいがいいのかも微妙なので、茹で時間と実際の茹であがりの関係みたいなものを探りながら、こちらも試してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました