世界一受けたい授業 食べて健康になる3つのスーパーオイル

スポンサーリンク

サラダ油、ごま油、オリーブオイル、べに花油、どの植物油も、カロリーはいっしょで、大さじ1杯でおよそ110キロカロリー。

9月24日の世界一受けたい授業で、食べて健康になる3つのスーパーオイルを教えてくれるのは、徳島大学、佐田政隆先生。

 

3つのスーパーオイルは、米油、えごま油とマカダミアナッツオイル。

スーパービタミンEが豊富な米油

米油は、米ぬかからつくった米油。

ビタミンEの40~60倍の抗酸化力があるスーパービタミンEが豊富。

悪玉コレステロールを退治してくれるほか、老化予防が期待でき、自立神経の働きを調整し、倦怠感や不眠などの改善が期待できる。

 

料理で油を使うときにしてはいけないことは?

酸化した油を使ってはいけない。

油はなんども使い続けると、酸化し悪くなる。開封しただけでも酸化する。

 

酸化した油を体内に入れ続けると、血管壁に酸化した油が蓄積され、血液の通り道を狭くしてしまう。

 

一般的なサラダ油は、開封後1~2か月で使いきるように表示されている。大きなサイズの油を買うのではなく、使い切れるサイズの油を選ぶ。

 

加熱したときに、いやな臭いがしたり、煙がでたりしたらすぐに捨てる。

 

透明な瓶に入っているだけでも酸化するので、そういう瓶に入っている場合はアルミホイルを巻いて、暗い場所に保管する。

 

えごまの種から作ったえごま油

えごま油は、オメガ3系の油で、人の体内で作ることができない。

えごま油は、血液の流れがよくなり動脈硬化の予防や、美肌効果や老化予防も期待できるが、オメガ3系の油は熱すると成分が壊れやすい。

 

天ぷらやフライに使うのは絶対NG。手作りドレッシングをつくったり、納豆や卵かけご飯、食べる直前に味噌汁にたらすのがおすすめ。

 

マカダミアナッツオイル

パルミトレイン酸が糖尿病予防に効果的。

糖質ゼロなのに甘味が感じられるので、バターの代わりにパンにかけたり、アイスにかけたりして食べるとよい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました