あさイチ 10/4 かたくり粉 水溶きかたくり粉は30分以上前に モチモチいもだんごの作りかた

スポンサーリンク

10月4日のNHK総合テレビ「あさイチ」のスゴ技Qで、かたくり粉が特集。

中華料理にかかせないかたくり粉は、いろんな食感に変化する。

まずは、定番のとろみ。

水溶きかたくり粉を作るタイミングは30分前までに

八宝菜に水溶きかたくり粉を混ぜても、さらさらのままでとろみがつかなかったりする。

中川優さんによると、水溶きかたくり粉は30分以上前に作ったほうがよい。

でんぶんは、穴だらけの粒子なので、水に溶きたてのかたくり粉は外側にしか水分がしみこまず、内側はそのままで、ダマになってしまう。

分量は、かたくり粉1に対して水2の割合。

かたくり粉は加えてから1分以上加熱

水溶きかたくり粉は、沸騰したら弱火にして回し入れる。

そして、中火で1分以上加熱する。

かたくり粉を入れてからも加熱時間があるので、具材の野菜はかために。

人気中華料理ランキング福袋【送料無料】【お得な中華】【京都産】【お取り寄せ グルメ】【あす楽対応】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【内祝い】【御祝】【快気祝い】【ギフト】【お
価格: 3,499円 レビュー評価:4.29 レビュー数:686 (2016.10.4時点)
ギフト対応 セット内容 1.麻婆豆腐(250g×1パック)           2. 海老のチリソース(120g×1パック) 3.海老の中華マヨネーズ(120g×1パック) 4 八宝菜(200g×1パック) 5. 芙蓉蟹-かに玉(1食分×1パック) 6.揚げそばの中華あんかけ(350g×1パック) ギフト・お中元・お歳暮・父の日・母の日・敬老の日・クリスマスギフトなどに
Supported by 楽天ウェブサービス

かたくり粉に一工夫でからあげのサクサク感アップ

かたくり粉に一工夫することで、から揚げのサクサク感をアップできる。

かたくり粉2に対し水1の割合で1分ほどやさしく混ぜ、あえて細かなダマをつくる。

下味をつけた鶏肉に、ダマかたくり粉をまぶす。

180℃で4~5分揚げる。

ヒルナンデス!12/12 レシピの女王 冷凍唐揚げアレンジレシピ

モチモチいもだんご

北海道・小清水町で焼いてたべたり、汁物に入れたりして食べられているモチモチだんごが紹介。

(1)じゃがいも3つの皮をむき、ひとくちサイズに切る

(2)600Wで3分ほど電子レンジにかける

(3)箸がささるくらいの柔らかさになったら、ざっとつぶして人肌ほどの温度に冷ます

(4)大さじ3のかたくり粉を入れて、しっかり手でこねる

(5)粉っぽさがなくなり粘土のようにムチムチになったら、棒状に丸める

(6)1センチ幅に切って、フライパンで両面が白くなるまで焼く

お吸い物にいれるときは、ちょっとくぼみをつけておく。

ソイミルクもち

豆乳、砂糖、かたくり粉を加熱しながら混ぜていって冷やす。

かたくり粉のプルプル感と、豆乳に含まれるサポニンの泡立つ性質でふわふわ感があり、冷めてもかたくなりにくいのだという。

いもだんごは、個人的には焼いて食べるものでタレが大きなポイント。お吸い物にいれたいとは思わないが、かたくり粉を30分以上も前につくるというのはびっくり。そんなに違ってくるのか、こんど試してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました