ヒルナンデス!10/26 食のプロの手土産 鈴懸の鈴乃〇餅、多摩ゆずシロッププレミアム、和久傳のちりめん山椒

スポンサーリンク

10月26日の日本テレビ系「ヒルナンデス!」

 

プロの使用品覗いちゃうんデス!のコーナーで、パティシエがプライベートであげる手土産を紹介。

 

もっちもちすぎるというどら焼きが気になったので、それ以外も含めてメモ。

 

鈴懸の鈴乃〇餅(すずのえんもち)

「自分が大好きなものしか持って行かない」というパティスリー・サダハル・アオキ・パリの青木定治シェフが、食べ物関係の人にプライベートであげる手土産が、老舗和菓子店・鈴懸の鈴乃〇餅(すずのえんもち)。

 

手のひらサイズの愛らしいどら焼き。

 

もちっとした食感で、中はしっとりとした小豆が口にあたって伸びる感じ。米の粉のきいたような、もちもちした感じで、大福を食べているみたいという。

f:id:ipo_beginner:20161026131404p:plain

 

もちもち食感の秘密は、佐賀県産のヒヨクモチ。

 

キメが細かく粘り気があるので、その食感を生み出せるそう。

 

www.suzukake.co.jp

多摩ゆずシロッププレミアム

2人目は、かずやの煉が予約1か月待ちという、銀座かずやの古関一哉シェフ。

 

プライベートであげる手土産は、東京都あきる野市「見世蔵 久森」が監修した東京多摩ゆずシロップ プレミアム

 

土壌がゆず作りに適している多摩地区のゆずを使用。

 

ゆずの香りを忠実に良いところだけを出していて、皮のえぐみなどを上手に取り除いていて、口に入れた瞬間にゆずの香りが広がる、香りを活かしているシロップとのこと。

 

おすすめはホットゆず茶。

 

和久傳(わくでん)のちりめん山椒

自由が丘・モンサンクレールの辻口博啓シェフが手土産として受け取って以来、15年間愛用している手土産が和久傳(わくでん)のちりめん山椒。

 

ちりめんと山椒を京風に炊き上げたもの。

 

食べたときに和のハーブのような香り、そして、ちりめんじゃこのなんともいえない深みのおいしさ。ご飯と一緒にあわせると、さらにちりめんじゃの持つ香り・風味が、口の中により鮮明に広がるという。

 

【新品】【本】京都の定番 有名料亭の全品を収録!瓢亭・高台寺・和久傳・木乃婦 永久保存版
価格: 1,296円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
ISBN:9784777926527★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になります商品情報商品名京都の定番 有名料亭の全品を収録!瓢亭・高台寺・和久傳・木乃婦 永久保存版
Supported by 楽天ウェブサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました