とんかつをおいしく作る細かなワザ

スポンサーリンク

家で揚げると何かと失敗しやすいとんかつ。

とんかつ専門店などで食べるのがたしかにおいしいですが、自宅でもおいしいとんかつが食べたい!

とんかつの下準備、衣付け、揚げ方の3つの工程に分類して、とんかつを美味しくつくる小技を紹介します。

スポンサーリンク


下準備の小技

(1)脂身の筋を切る

揚げたときに縮まないように、豚肉の脂身のところに包丁を入れて、脂身の筋を切る。

(2)フォークや包丁の背で、肉をたたく

肉の線維が壊れてやわらかくなるように、フォークや包丁の背で肉をたたく。

(3)ヨーグルトや生姜につける

保存袋に飲むヨーグルトと水を1対1の割合で入れ、肉を入れ30分ほど寝かせる。

生姜の場合は、両面に塗りこみ15分ほど寝かせる。

衣をつける前に、水で軽く流すか拭き取る。

スポンサーリンク



衣付けの小技

(4)小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつけたら、3分ほどおく

3分ほどおくと、パン粉がなじんでジューシーに仕上がる。

(5)パン粉をつけたら、霧吹きで水をかける

生パン粉でもよいが、霧吹きで水をかけて3分ほどパン粉に水分をなじませる。水分が蒸発したときに、衣の中に粒上の空洞がたくさんできサクサクに。

揚げの小技

(6)150℃で4分半、あるいは160℃で3分

肉が縮んで硬くならないよう油は低めの150℃。パン粉を入れると、いったん沈んでから浮いてくる温度。

160℃は、さい箸をいれたときに、こまかな泡が出始める温度。

(7)揚がったら、とんかつを立てて3~5分寝かす

とんかつを立てて余分な油を落とし、同時に余熱でじっくりと火を通す。

(8)180℃で30秒二度揚げ

180℃の油で30秒ほど二度揚げすることで、衣がカリカリに仕上がる。

【関連記事】
ヒルナンデス!おいしいとんかつ3つのコツ
ありえへん世界 激安豚肉を高級豚のとんかつに
得する人損する人 得ワザトンカツ

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました