人生で大事なことは○○から学んだ 你好の羽根つき餃子

1月22日のテレビ朝日系「所&林修!人生で大事なことは○○から学んだ」に、羽根つき餃子発祥のお店・東京都大田区「你好」の八木功さんが登場。

羽根つき餃子の作り方も教えてくれた。

スポンサーリンク

餡作り

八木さんは、豚バラ肉を仕入れ毎日2時間かけて自分で挽き肉をつくる。「自分で挽けば、安心してお客さんに喜んでもらえる」という。

(1)その挽き肉に、鶏ガラと豚骨のスープを加えて混ぜ、1晩寝かせる

このスープを入れると肉汁がいっぱい出る。

(2)白菜とキャベツも手作業で刻む

(3)野菜と肉を混ぜ合わせ、みじん切りの長ねぎを加えると餡が完成

皮作り

(4)小麦粉75kgに対し、80℃の熱湯50リットルを加えながら攪拌機で練る

ぎょうざを焼くと水分が飛ぶが、お湯で蒸すことで焼いても水分が飛びにくくなり、皮が固くならない。

(5)素手でこねて細く伸ばし餃子の皮1枚分に切り分ける

(6)厚めに伸ばし、そこに餡を包めば、あとは焼くだけ

羽根の元の作り方

(7)水200ccで小麦粉50gを溶く

(8)お湯800ccを加えて混ぜる
 これで水と小麦粉の割合は20:1になる。

ホットプレートでの焼き方

(9)250℃に熱したホットプレートに、生の餃子を隙間をあけて置く
くっついてしまうと破けてしまうので、隙間をあける。

(10)(8)で作った羽根の元を適量注ぐ

(11)フタをして10分間蒸し焼きにする

(12)適量のサラダ油を羽根部分に加え、パリパリに焼く

(13)羽根を切って、お皿に盛ったら出来上がり

中国残留孤児として帰国から今日への軌跡はこちら
人生で大事なことは○○から学んだ 羽根つき餃子の八木功さん

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・人生で大事なことは○○から学んだ 你好の羽根つき餃子の焼き方 […]